【紹介】アウトプット効率を倍増する簡単な方法。答えは上手に寝ること

良質なアウトプット方法はないものかと検索する人は多いとおもいます。
しかし、睡眠について検索する人は意外と少なかったりするんですよね。

実は、毎日の良質なアウトプットのために一番効果があるのは睡眠の質を高めることだったり。
そんな睡眠の質ですが、ちょっとした工夫をするだけで、何倍も向上することができるんです。

この記事では睡眠の質を高める簡単にできる効果的な方法を4つご紹介します。

目次

睡眠の質を向上させるなら運動。特に有酸素運動がお勧め

ジョギングや散歩や水泳などを30分~1時間ゆっくりしたペースで続ける有酸素運動が睡眠の質向上にお勧めです。

特に就寝時間の2~3時間前の有酸素運動により、体が程よく疲労することでストレスが軽減して脳と体がリラックスします。

日中の仕事のストレスを仕事帰りにジムで汗を流すことで解消するのがお勧めですね。

睡眠の質を良くしたいなら寝る前にスマホを見ない

スマホ画面から発しているブルーライトには睡眠の質を低下させる作用が確認されています。
ブルーライトには交感神経を優位にし心身を覚醒させる働きがあります。

ブルーライトは睡眠と深い関係にあるメラトニンというホルモンに対して影響を与えます。
メラトニンには催眠作用があり、睡眠を促す作用がありますが、ブルーライトを浴びるとメラトニンの分泌が抑制されてしまうのです。

そのため、寝る前にブルーライトを浴びると、脳が勘違いを起こし、眠りづらくなったり睡眠の質を低下させる原因となります。
どうしても寝付けないときは、スマホを見るのではなく紙の本を読書するのがおすすめです。

特に難しい哲学書なんかを読んでいると脳が疲労してきて強烈な睡魔に襲われること間違いなしです(笑)

睡眠前の適度な水分補給で睡眠の質が向上

一日の必要水分摂取量が不十分だったり、カフェイン含有量の多い飲み物やアルコールを取りすぎの方は特に注意が必要です。
なぜなら、カフェインやアルコールは利尿効果が高く、気づかないうちに体が脱水症状気味になりやすいからです。

そのため、目る前に十分な水分を摂取しないで寝ると、睡眠中に体が脱水症状を起こし、睡眠の質が低下し翌朝のコンディションが最悪になる可能性があります。

睡眠の質を高くし、翌日のコンディションを高めるために、寝る前には最低でもコップ一杯の水分を補給するのがお勧めです。

ぐっすり寝たいなら睡眠前にヒーリング音楽を聴く

睡眠前にヒーリング音楽を聴くと脳がリラックスモードになるので寝つきがよくなります。
気分をリラックスさせる心地のいいヒーリング音楽には脳波をα波に導く効果が実証されています。

α波は脳がリラックスした時に出る脳波と言われていて、α波が出やすい音楽の特徴は以下の3つだと言われています。

・音声が入っていない

・自然音

・高周波音を含んだもの

音声が入っていないものがいい理由は、音声を聞くと意味を理解しようとして左脳の機能が活発化するため、睡眠誘導の妨げになるからです。

自然音はα波が出やすい音楽として知られています。

例えば、

・川のせせらぎ

・海の波の音

・小鳥のさえずり

などが有名ですね。

自然音には1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)が含まれているため、脳派と共鳴し合い気分と体のリラックス効果を高めてくれます。

高周波音はモーツアルトの曲が特に有名で、3,500~4,500ヘルツの高周波を多く含む音楽が特に脳をリラックスさせる効果が高いと言われています。

まとめ

睡眠の質を向上させるためには

①有酸素運動

②寝る前のスマホ禁止

③睡眠前の水分補給

④寝る前にヒーリング音楽を聴く

の4つを心がけることが大事です。
いきなり全部を普段の生活に取り入れることは大変かもしれません。

ひとつひとつ試してみて自分に合うものを優先的に取り入れていけば、無理しないで続けられるかもしれませんね。
睡眠不足が常態化して、生産性が低下して仕事で大きなミスをする前にご一考くださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる